青森の植え付けは、経験上5月から始まるようです。
本当は4月のうちに畝立てまでしたいんだけど、子育てしてると一人の時間はなかなか取りづらい上になぜか週末だけ雨が降りやがるfuc●!!!!!!
5月の連休が近づき、もう半ば無理やり慌てて準備しているありさまです。

IMG_0333
堆肥は去年5,000円で牛農家から直接買ったのが山のようにあるので今年も引き続き。うんこの山。

IMG_0336
今年特に変なのが、越冬野菜があること。
私はそんな殊勝な畑仕事はしていないので、まだ枯れてないしってんでトンネルのままほっといたら、雪の下で生きてたという。

IMG_0314
相当な暖冬だったと思われますね。
カブは一つ前の日記で味噌汁にしたんですけども、他にも小松菜が生き残っており。
カブの間引き菜もある始末で、捨ててしまうのももったいないのでニンニクとベーコンでソテーにしたりして食べました。

IMG_0315
カブの間引き菜ソテー

IMG_0335
越冬野菜も処分したことだし、第二ファームの掘り起こしからスタート。
なんとクワじゃなくて剣先スコップで掘り起こしですよwww

IMG_0334
イタドリ、まだ生きとったんかワレェ!

ゴボウみたいな枝みたいなやつがイタドリの根っこ。
去年相当気合入れて殲滅したものの、ちょっとでも残骸が残っているとこの有様です。
数年は掘り起こして殲滅戦するところから畑仕事がスタートするでしょう……。

そして待ちに待った連休に突入!!急いで畑にする!!
2BF4F3D2-A446-4AC8-B51B-98B85F6F2297_1_105_c
まずはじゃがいもから。
11F98D79-DECB-4AB8-9B48-827B47396183_1_105_c
半端に黒マルチが余っていたので、1畝だけマルチ栽培www
本当は全部マルチにしたかったんだけど、畑仕事ができる時間が限られていて時間を優先。
去年じゃがいもの回収率の良さがとんでもなかったので、欲張って種芋たくさん買ったらめちゃくちゃにあまりました。
これ1本10mやぞ。どんだけ開墾しないといけないんだ。
昔話によくあるごうつく婆さん状態になってしまった。

D1475A99-A21F-4BAB-977B-E445BA4FFD04_1_105_c
じゃがいも畝の境目に小松菜。
粘土質で石くれも目立つし、土ふるいしたかったんだけど時間ないから育てやすそうな小松菜にしたっつー。
なんとか生き延びてくれ。

67F16192-D74C-43DA-8341-148DFCB77352_1_105_c655A53C2-59D1-4EBF-B694-E0FA5BC97762_1_105_c
第二ファームも整地!そして植え付け!
今年は息子が食べられるもの中心(優先)。
ミニトマト2株、大玉トマト2株、大根8本をセット。
トマトハウスが雪の重みに耐えられずに倒壊したので今のところ露地栽培。
高畝にしたからまあまあ水捌けには気を配ってますよ感を出しています。

CF4713A3-4DDF-4592-99B2-0901DBBA6AA2_1_105_c
手前のネギゾーンは古いネギを寄せて苗定植。
ネギは引っこ抜いても適当に土にさしとけば生き返るのでちょろい。

59066702-1AFD-40E1-A4A9-73161BAAD06E_1_105_c

第一ファームは結構実験農場になる頻度が高いなw
初参戦ブロッコリー!
ここはナスとトマトが植えてあって連作障害を避けるためにブロッコリー入れた経緯もあります。
もう1畝はサラダカブ植えました。これも連作障害避けでこっちに撒いた。

3807E709-A259-4C45-8620-F2CF3E17B4FF_1_105_c
去年植えた玉ねぎの苗がだいぶ死んでて、うちは玉ねぎとほうれん草は相性悪いってことがわかった。
とはいえ全滅してるわけでもなく、引っこ抜くのももったいなかったので、空いたところにもカブの種撒いたw


あとは連れの知り合いのお家がからトラクター借りて原野を開墾しないと何も植えられないぜ……。
早くきてくれトラクター!!
関連する記事
コメント
コメントする