<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久々桶行ったよ なぜか土日レンチャンで あぼかど(日曜日編) | main | JAPAN DIY HOMECENTER SHOWに行ってみた >>

2011.08.15 Monday

五ヶ月びふぉーあふたー

 13〜14日にかけて一泊二日の帰省をしてきましたー。
 現在実家は大規模半壊なうでして、地震はなんともなかったんだけど津波で一階部分が超ウェッティになっちゃいまして、リフォーム(?)の間は仮設住宅に仮住まい。そんなわけで実家に泊まるとこないんで隣の町のホテルに泊まったのでしたw


↑ミサワなんだけど、機密性よすぎて化粧ボードの裏がカビだらけになってたw(コンセント周辺の白い斑点全部カビ)

そら健康な人でもアレルギー反応出るっつーねん。
 モノコック構造で壁とか床とかはがすとおうちがドミノ倒れになっちゃうってことなんだけど、水吸った断熱材ほじくり出すのにホールソーで穴あけて施工してたわ。3ヶ月目ぐらいにやったみたいなんだけど、中の断熱材は限界まで水吸ったスポンジ状で出てきたそうな。どんだけ気密性高いん。

 そんなわけで、おうちの方は業者さんフェーズなので、震災以来始めてのなにもお手伝いらしいお手伝いがない帰省となりました。様子見と顔見せしてお盆のお線香つけに行ってきた感じ。
 まあ、家族のことを自分でいうのもなんですけど、えっらいお礼のおもてなしされて帰ってきました。
 しかも地元のお店ツアーでおもてなし。復興を舌鼓で実感できて超うれしいwww 湊飯店とプラージュとこむかい(ここだけ隣町)でおなか一杯食ってきた!!!(←ジモティにしか通じない系www)

 それもこれもジモティの底力と協力してくださったみなさんのおかげです。
 まだまだ続きはしますけど、約半年で確実に成果が上がっていることをこの目で確かめられて、弾丸帰省でしたけど本当によかったと思っています。

 いくつか写真とってきましたので掲載しようと思いますですー。

現在の仮住まい。長屋みたいになってます。
仮設住宅は何種類かあるとのことで、場所によっていくつかタイプがあるみたいです。
このタイプはどこかの住宅メーカーが担当だったとかで木造タイプ。仮設はのきなみプレハブのイメージだったけど、仮設住宅も進化してたんですねえ。


にゃー

 ペット飼ってるお宅は仮設の住所的にも集められているようで、敷地内では朝の犬のお散歩+ご近所さんでおしゃべりしてたりとか、配慮+住み分けがなされているようです。みなさん気さくで挨拶もすがすがしかったですね!



 この日はたまたま鳥羽一郎@NHKの中継ライブがあったようです。
 いつも使っている駐車場が簡易ステージになってました。混雑で敷地から抜けられなくなりそうだったんで見ないでホテルに向かっちゃいましたがw



有象無象山積みになってた汐見台の田んぼ(とその周辺)は相当にきれいになっててびっくり!! 細かいゴミまですっかり撤去されているところも多かったです。


菖蒲田浜方面はかなりでかいものはまだそのままだったりしますが、雑草に埋もれていることを考慮しても片づけが進んできていました。
ちなみに真ん中のおうちは元々あったものじゃなくて2階だけがどんぶらこっこしてきました。

【5月@菖蒲田浜沿岸】

↓↓↓
【8月@菖蒲田浜沿岸】


見比べると進んでいるのが分かるかと。


一応相当に甚大な被害を受けた沿岸部もなぜかおうちを建ててもよいということになったらしいんですが、こんな感じで土台の下がえぐられたりとか、再建は物理的にもちょっと難しいんじゃないかなあ、ってのが個人的所感ですね。


3ヶ月目時点ですでに一応署名もしてたようなんですけどねえ。超沿岸でも退路確保できればオッケーってことらしいんですけど、退路っつったってねえ・・・現実的にどうなんですかねえ・・・。

【4月】

↓↓↓
【8月】


堤防が決壊して海になっちゃった公園は手付かずみたいですね。手間も経費も掛かりそうな印象。
落ちた道路(橋)はそのまま通行止めです。
防風林が立ち並んでいるんですが、塩をかぶった松の木は立ち枯れしてるものも多くなってきてました。
まあ、元々松くい虫被害でスカスカだったのもありますけど、輪をかけて以前より風通しが強くなったかもしれませんねえ。

【5月】

↓↓↓
【8月】


震災ゴミ置き場。
町の一番高いところにあります。日々標高を更新中。



今まで忙しくて行ってなかった代ヶ崎浜の漁港。地盤沈下があったとは聞いていたんですけど、ちょうど満潮に差し掛かってくるあたりに様子見に行ったみたいで、海面がスススと上がってくる最中に撮影。
下水の側溝を逆流して、堤防裏の町道も水浸しになってってしまうようです。


 ざーっと見てきた感じですけど、こんな感じで人の住んでいる場所を中心に、大きい規模の撤去の次の段階に入りつつあるor入っている感じのようでした。
 七ヶ浜はこんな感じで、地ならしのための人海戦術の地区はなくなったように思いました。人の力もすごいし技術や知恵もすごい!

 そんな感じで驚きと賛辞の連続でしたので、今回の帰省は思い切って避暑に徹させていただきました・・・w


 
 家族そろって飲み会できるのが、こんなにうれしいことはないですよ。


----
5月までの写真が解説つきでみられるようになってますです

----
七ヶ浜への募金・寄付はこちらまで!
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
WORKS


ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT

All:
T: Y:

FEED

Mail

無料ブログサービスJUGEM



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.